スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


知らんもんは知らん

今日はトトちゃまはお休み。どうせ雨だし、行くとこないし・・・

で、愚痴と言うかお願いと言うか、

たまーに聞かれて困ることがある。
オオタカとかフクロウとか、うちで飼ったことがない動物への質問。

こう言う場合、はっきり「わかりません」と言ってます(^_^;)

だって飼ったこともなければ飛ばしたこともないのに、どう説明しろと言うんですか(゚_。)?
そりゃまぁ基本的なことは似たようなことかも知れないけど、自分の言ったことで「ちゃんと飛ばない」だの「死んじゃった」だの言われてもそこまで責任持てませんて┐( ̄ヘ ̄)┌

確かに「知識」としては多少は持ってますが、あくまで「知識」であって「実体験」ではないんです。つまり、頭ではわかっていても実行出来ないってこと。
出来ないことはないんだろうけど、半分やってみなきゃわからんことを、これから猛禽始めようって人に「こうやれば間違いない」なんて言えんでしょ(-_-)

例え経験のある鳥でも、自分は「うちの場合は・・・」と前置きを入れるようにしてます。
これって「いい訳」に聞こえるかも知れないけど、それは鳥だって意思を持った一つの生き物だから。
自分の子供の事を人に話す時「うちの子は・・・」と言うのと同じ。

よくうちのハリスを見て「こんな鷹なら飼ってみたい」と言ってくる人がいます。そう言われて悪い気はしませんよね。正直嬉しいです( ^-^)

確かにうちのハリスは初めての人でも問題なく許容します。触らせます。抱っこも(._+ )☆\(-.-メ)
でも、そうさせるにはそれなりのことをやったからであって、ハリスならみんなこうなると思われるのもこれまた困る。

飼育者、調教、環境などなど、その鳥が接する条件が違えば同じ種類でもまったく別の鳥になってしまう。

つまりは、『鳥も人と同じ』ってこと。

初めて子供を育てる若いお母さんが、出産も子育ても経験のない独身女性に相談しますか?ってことです。

だから、これから猛禽を飼育したい飛ばしたいと思っている方は、ご自分が飼育される鳥(種類)の飼育経験のある人に相談して下さい。

日本にはいくつかの団体がありますが、どこでもいいいです。とにかく実際に飛ばしてる人、鷹狩りやってる人に話をしてみて下さい。
出来れば直接会って、会えなきゃ電話で(-ω- )o<
間違っても活字や写真だけですべてを判断しないで下さいね。

で、自分のお勧めはやっぱり猛禽屋ビッグ藤田。間違いないです!
いつでも気軽に相談に乗ってくれますよ。見た目はちょっとイカツイけど(^_^;)


あ、結局宣伝になってしまった・・・

結論、何事も楽しくやろうと思えば、それなりの努力は必要だと言うことです(^_^)

・・・
・・・
・・・

ああ~疲れたてぇ(;´ρ`) やっぱこう言う文章苦手だわぁ・・・


猟期終了まであと83日じゃぞい。
スポンサーサイト
  1. その他
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

ワールドファルコナーズクラブ九州

Kimiaki Kudoh

Author:Kimiaki Kudoh

カレンダー


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

レーダー

元気出していきましょ(^^)v

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。