スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]


賀正

新年明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします。

先ずはパソコンは相変わらずにて新年よりストレス溜まってます
狩りの方も狩場に恵まれず今だ結果出せず。そんな中昨日WFC九州のメンバーSさんと地元の狩場廻り。Sさんのちょうすけ(ハリスホーク♀)とうちのトト(ハリスホーク♂)でキジ・コジュケイなどを探して山に入る。
決して広くはない(狭い)田んぼの脇道を歩いていると田んぼにコジュケイ1発見。が、一瞬で逃亡。反対側の山の中へ。
そのまま坂を登って行くとまたも田んぼにコジュケイ1発見。自分の位置からは見下ろす格好で距離も50mほどか、コジュケイこちらに気づきすぐに飛び立つ。と同時にトトがスタート。いい感じで追いかけるがいかんせん距離があり過ぎ。コジュケイそのまま山の中へ逃亡。トト山に突っ込むまでの根性なくコジュケイゲットならず。
その後山に囲まれたボサを叩いてみるも何も出ず。
場所移動にて一昨日ちょうすけがゴイサギを獲ったと言う小さな川。ゴイサギの姿はない代わりにコガモが数羽。土手からの高低差8m距離20mほどか、ここでトトを出してみることに。が、やはりコガモ、流石に速い。ここは早々に諦め次の場所へ。
1級河川の中流域。川幅100m程の脇の結構広めのボサ。Sさんと叩きまくるが何も出ず。ここでSさん、「ちょうすけにカラスを獲らせるから獲れたらトトに食わせましょう」とうれしいお言葉。
早速いつものカラスのパーティ会場へ行ってみる。と、いるわいるわあっちこっちに黒い団体様。土手に降りるとすぐさまちょうすけがスタート。するとバラけていたカラスの群が一斉にちょうすけを囲む。その数100は超えてる。しばらく様子を見ていると対岸の川下に移動して数分後今までとは違うカラスの動き。無数のカラスたちが上空を回りだしカーカーの大合唱。Sさん「獲った!」。急いで獲った場所へ向かいちょうすけを探していると水門の辺りからカラス片手に「ハイ、カラス」とSさん。
下半身ずぶ濡れになりながらも見事カラスゲットです。
おめでとうございます。
実はSさん、一昨日ゴイサギに続いてカラスも獲っていた。この日獲ったカラスで今期12羽目。クローハンターちょうすけの活躍には驚きものです。

その後元の対岸に戻り有難くトトにカラスを当てさせてもらった。丸嘴の要領でやったが一発で掴んだので今後に期待。
  1. 鷹狩り
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]
スポンサーサイト

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ワールドファルコナーズクラブ九州

Kimiaki Kudoh

Author:Kimiaki Kudoh

カレンダー


12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

レーダー

元気出していきましょ(^^)v

« 2009 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。